« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の記事

とうとう買ったさ!

小径車は以前から持っていましたが、普通のサイズの自転車が欲しかったんですよ。
希望としてはロードバイク。
それで、トップチューブが水平についているホリゾンタル。
全体的に細身のクロモリチューブを使ってある奴。

・・・で、探しましたね。
普通は自転車屋さんに行くところですが、今回はネットで必死に探しました。
で、行き着いたところが大阪の業者。
国内に無い物も扱っている業者で希望に合うものを発見!

やはり在庫は無いらしいので台湾から取り寄せに・・・。

そして注文から待つ事2ヶ月! 遂に来ました!!

自転車1台分のラグとパイプ1式!

01

じゃあフレームを作り始めるぞ!
目指せ!ロードレーサー・オーナー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

退院してみる!

退院だ!
ふう~・・・2週間近く私を縛り付けていたベットともこれでお別れだ!
R00
4人部屋で、隣に寝ていたのは多分『かたぎの商売』じゃなさそうなオッサン・・・
時々『若い衆』が挨拶に来たり指示を仰ぎに来たり・・・

向かい側に寝ていたジイさんは夜中に『うあ~~・・・痛~・・・う~・・・痛い~』・・・と、うなされてるし。
・・で、次の日の朝に看護婦さんに『よく寝られてますか?』とか聞かれると『ああ!よく寝られてるよ!』
(マジかよ・汗)

はす向かいの若造は看護婦さんに我侭放題で注文ばかりつけてるし・・・
(しかし、若造の小さな娘が見舞いに来ると『普通の若い父親』になっているのが絶妙)

んじゃ、一足先に帰るでヨ!
(来月、もう1度入院することは決まっているんですが・・・)

家に帰ると、サイクルハウスGIROに注文していた自転車のホイールとディスクブレーキ一式が届いていた。
R01
財布的に余裕があるときに少しずつ部品を買って組み立て続けていた『小径MTB』についにタイヤが付きました!
(ホイール&ブレーキって買うと何気に高価な部品なんですよね・・・中々買えなくて・汗)

・・・で、いつ完成するんだろ?
 この自転車・・・

ありがたい事に、退院した次の日は『体育の日』で休日。
『退院』と『仕事開始』の間に1日休日が入ったのは非常に助かる。
2週間近く寝て過ごしていたので、体を動かすために軽いサイクリングに出てみた。

『ツールド神社仏閣』

私の住む埼玉県は上尾市を東から西へ横切り荒川まで出てみる。
桶川市に入った辺りにある『熊野神社古墳』
R02
何気に埼玉県に流れる、この荒川沿いには古墳の類は多いらしい。
ただ、破壊されている古墳も多いらしい。
しかし、ここの古墳は墳頂に熊野神社を祀っている為に保存状態がいい。
古墳も5世紀初め頃に築造されたらしく、埼玉県で最古のものとされていたりする・・・
(・・・と、書いてあった看板を読んで私は初めて知った・・・)

そのまま川沿いに移動しつつ『氷川神社』
R03
この氷川神社・・・どうやら昔からの重要な街道・道沿いに建てられているらしい。
とりあえず街道沿いの『道しるべ』もあった。
R04
・・・この漬物石みたいのが道しるべか?

川沿いを北上すること数分・・・
『泉福寺』
比叡山延暦寺を総本山にする天台宗の別格寺院で学僧の養成道場としての役割も持っていたらしい。
R05
石の仁王像や雨乞いの龍など文化財もある。

再び荒川沿いを北上・・・
土手の切れ間から河原にある小さな飛行場の中に飛行船が見えた!
R06
土手の上に自転車を持ち上げて記念撮影。

川沿いから少し離れて北本市に入ったところ・・・
『芭蕉句碑』
R07
埼玉県内に約100基あると言われる芭蕉句碑の内の一つ。
この句碑は1851年の建立で『原中や 物にもつかず 啼雲雀』
・・・知識(教養?)が無くて意味が解らん・・・
(出来れば句の解説も書いて欲しかった)

さらに川から離れつつ北上・・・『北向き地蔵』
R08
この畑の中にある地蔵は願いを叶えてくれる・・・と言う事で有名らしい。
泥の団子を供えて願い事をし、
願いが叶ったらお礼に米の団子を上げる・・・
と言う事らしい。
R09
実際、泥の団子が供えてあった。

んで、数百メートル北側にまた『氷川神社』
R10
また氷川神社か・・・と思いつつ覗き込んでみると結構大きい・・・?
どうやら御払いとかもやってくれるらしい。
・・・その隣に低くなった場所があって、階段を下りていくと・・・『厳島神社』がある。
R11
安産祈願・・・かな?

上尾の自宅に向かいつつ、中仙道から桶川駅に入る交差点の近くにある餅屋さん。
『栄屋餅菓子舗』
塩大福が美味いらしい。
R12
塩大福と栗きんとんをゲット。

朝6時から10時まで4時間掛けて、ゆっくりと33kmのサイクリングでウオームアップ完了!
明日から通常に戻るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院してみる

長らくご無沙汰していたYaaです。

ここ2ヶ月くらい膨満感で腹によくガスが溜まって『痛・苦しい』状態になったんですよ。
・・・で、大衆向け薬文化の極み小林製薬の『ガスピタン』登場。
即効性は無いですが、それなりに効果を示してくれまして良かったのですが・・・

ついにガスピタンではどうしようもない状態に(汗
近所の医者に行って診てもらうと、問診と触診で『胃潰瘍かもしれませんね』・・・と薬を出されて帰宅。

薬、効かねぇ・・・

状況的には膨満感が無くなると、今まで緊張していた腹筋が筋肉痛を起こしまして・・・
まあ筋肉痛ですからシップを貼っといたら直ぐに治ったんですが、筋肉の痛みが取れるとお腹の中の方が痛い・・・?
先日の触診の時に胃袋の位置は聞いていたので、感じとしては胃袋の出口の方が痛い・・・

親に、『おまえ、白目の所が黄色いよ? 胆石じゃないの?』・・・と。
再び近所の医者に診てもらうと、『あぁ、黄疸が出てます。胆石ですね。即入院です』
と、簡単に言ってくれました。

市内の大きな病院を紹介され入院。
内視鏡で十二指腸を内側からゴリゴリと弄られ、総胆管?の中を洗浄して貰いました。
この作業・・・結構、痛くて苦しい・・・(人にもよるらしいです)
でも、終わると痛みは嘘の様に消えて快適快適。

ただ、胆嚢に石は残っているので胆嚢は取らないと駄目らしい・・・(泣
黄疸がでていると、手術は出来ないらしいので黄疸が無くなるまで入院生活スタート。

『現状のステータス』
・痛みは無い
・血液中の何とか・・・と言う成分の都合で黄疸が出ている。
・血液中の何とか・・・と言う成分の都合で食事が出来ない。
・右腕に点滴

院内での行動はある程度自由ですが、腹が減っていて動く気が起きない。
雑誌を差し入れてもらって時間をつぶす。

Q01_2
・・・非常にヒマ・・・
せめてもの救いが、病室内で携帯は使っても良い・・・と言う事。

断食?に入って3日目。
Q02
エレベーター近くの受付に体重計があるのを思い出し、体重の変化を気にしていたのですが・・・
体重に変化なし。
どうやら点滴をしていると、栄養分は足りてしまうので体重は減らないらしい・・・

そりゃ体調が戻るまで食事が出来ないのはわかるけど、この空腹感を3日間も味わっているのだから少しは痩せてくれても良いんじゃない?

Q03
せっかく時間が出来たので、前からやろうと思っていた『絵』を描くことに。
時間があればやろうと思ってスケッチブックも画材(鉛筆・水彩・油彩)も買ってあったので、とりあえずスケッチブックと鉛筆を持ってきてもらった。

・・・イメージが何も思い浮かばん・・・
普段の生活では、昔(今も?)風景写真を撮っていたので『この風景良いな』とか思うことも多々あったのですが・・・入院していると刺激が少なすぎて全く『イメージ』が湧いて来ない・・・(汗

Q04
点滴をしているとシャワーを浴びられないので、髪の毛がベトベトになりはじめる。
夜中に便所に行ったときに、髪型が凄い事になっていた・・・

Q05
食事は出来ないが、やっとプリン・ゼリーは食べても良い事に・・・
意気揚々と9階の病室から1階の売店に行く。まともに歩いたのは久しぶりだ。
ゼリーは果肉が入っている物しかなく、食べて良いのか不明だったのでプリンを大人買い!

大量に買い込んで、病室で顔を綻ばせながらじっくり味わって食う。
市販のプリンがこんなに美味いと思ったことは無かったかも知れんて。

ノートPCは持ち込みOKらしいので、ボロボロのノートPCとエッジを持ってきてもらった。

マウスを使いたいし、右腕に点滴を打っていると何かと不便。
針も刺してから数日経っているので、看護婦さんからも換えてもらった方が良いと言われた。
とりあえず、左腕に移してもらおうと思いお願いする。
Q06

中々血管が見つからない。
左腕で5ヶ所刺されたが見つからず・・・
右腕に2ヶ所刺されたが見つからず・・・
途中で看護婦さんが交代しつつ3人目で血管を発見。
結局元々刺してあった所よりも、更に手首に近いところで点滴開始。
・・・右手の手首が曲げられない分だけ、前よりも不便になった・・・(泣

んで、翌日の今日・・・
通算4人目の看護婦さんが当初希望していた左腕に点滴を打ってくれた。(有難う!
昨日から数える事10ヶ所・・・長かった・・・(痛かった

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »