« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

チェーンリング・・どうすべ?

先日、インナー3(内装3段)を組み込んだトレンクル君。
純正の短過ぎるクランクは少し長いカプレオコンポーネントの165mm交換してます。
チェーンリングもそのままカプレオの物を利用しているので45T。

インター3をつける前はホイール側のスプロケットは11Tでした。しかしインター3の一番小さなスプロケットは14T。
その差、3T分だけ軽くなってしまいました。
試走に出てギア比の検討。

012_2
約15Km程度走って川越市にあるミオカザロ到着
以前、自転車雑誌ファンライドの紹介されたからかサイクリストが多く訪れるお店。
チリドックを注文。
013
うまー!
・・で、チリドックを食いながら考えまして・・
47T辺りが良いけど手に入りやすいのは48~53T辺りかな?

とりあえず帰宅して目に付いた60Tのチェーンリング。
いままで取り付け可能なフレームが無くて放置していたリングをギャグで付けてみようか・・と思ってみたり。

・・・
やはり、トレンクルもチェーンステーに干渉して駄目でした。
(このリング、使えるフレームがかなり限定されるな・・)

015
以前、Takanz殿に頂いた部品箱の中に52Tのチェーンリングを発見したので仮で取り付けてみる。

016
試走。
やはり52Tだと若干重いか・・?
50T位がいいかな?

今度おっちゃんの店に行ったら在庫を見てみよう。

017
白鳥が居るかな・・? とか思って職場近くのガバ沼近辺を走ってきましたが・・カモばっかり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トレンクルにライト~!

先日、トレンクルに取り付けたハブダイナモ。
002

コレにつけるライトを検討してまして・・
まあ、普通の市販品のライトを取り付けて完成!・・では芸が無い。

で、以前頂いた中華製の電動スクーターに付いていたライトに着目。
H15
金属ケースに収まった『安物』?『良い味』的な、中々レトロ調な出来栄え。

・・・これ、良いぢゃん!

とりあえず解体してみると、使っているランプはリフレクターと一体になっているタイプ。
消費電力も大きいし、ハブダイナモでの点灯は無理そう。
・・・で、自転車屋さん(おっちゃんの店)に言って話をしてみると・・
売り物のママチャリに良い大きさのライトが・・!

部品として購入。

005
ほぼ同じ大きさのライト。
あくまで『ほぼ同じ』なので加工は必要。

006
レンズを取り外して、グラインダーと棒ヤスリを駆使して綺麗に収まるように削り込む!

007
点灯回路をショートしないギリギリの位置で接着。

008
完成!!

009
テキトーな大きさの鉄板の端切れをディスクサンダーで削りこんで取り付けステーの製作。

010
ライトを固定するた為の長ナットをロウ付けしたらバリ取りして色を塗れば完成。

011
仮組みでこんな感じ。

014
ハンドルの固定ボルトを長い物に交換して取り付け。

・・・ん~・・良い感じだ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トレンクルのスタンドって・・

トレンクル君も多段化され、ボチボチと使い勝手が良くなって来てる中・・
買った当初から不満に思うことがひとつ!

オプションで買った純正スタンドを使うと自立はするが非常に不安定!
更にはスタンドの根元が大きすぎて邪魔!

・・まあ、自転車本体よりもスタンドの完成度についての不満なわけですけど・・

そこで、センター1本かセンター2本のスタンドにしてやれ!・・と。
以前は街乗りメインのロードバイクとかに付いてるシートステーとチェーンステーに挟み込むタイプを狙っていたのですが、インター3を搭載したときにブレーキの改善を狙ってローラーブレーキ化もしてしまい、この部分にはスタンドの取り付けが困難になってしまった経緯もあります。
(まあ、探せば付けられるのもあるでしょうけどね・・)

んで、昔ミニベロ用に買っていたスタンドの存在を思い出しまして・・・
013

これをトレンクルに付けてやろうと。

ただ、フレームの形状が特殊なので多少の加工が必要な気配。
014

BBとシートチューブに干渉する部分を正確にベルトサンダーで削り落とし、カッチリとフレームに収まるようにする。
015
この手の簡単に挟んで付けるスタンドは、使ってるうちに取り付け位置がずれてくるのでズレ防止の意味合いも。

挟み金具が入る部分は極端に狭い部分なので、元々の金具を削ると強度的にかなり弱くなりそうな雰囲気。
016
10mm厚のジュラルミン板の端切れがあったのでサンダーで削って、挟み金具を作成!

017
完成!
かなり、しっかりと自立してる。
若干スタンドの先がブレーキワイヤーに干渉するので、後でストッパーを作っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついにトレンクル多段化!

いままでシングルでも気にならなかったトレンクル。
でも、時々不満を感じることもある。

・・・多段化に着手するか・・・?

まあ、そう言う思いもあってスポーク切りを買った訳です。
実際に多段化するにあたって、先人たちに学ぶ選択肢は外装と内装。
トレンクルで外装ならデュラエースのハブがセオリーらしい。
内装ならインター3やインター8。

性能を求めるならデュラエースのハブで9速化がベストだけど、輪行が多いのでディレーラーが付いてるのは余計な気を使いそうでイヤ。
んじゃ、内装路線でインター3かインター8。
やはり性能面ではインター8だけど、重くて大きい。 ・・没・・
小さくて軽いインター3か?

無いよりマシ程度な感じもしないでもないけど、まあ良いでしょう。
ミヤタ自転車の折りたたみ自転車に20本スポークのインター3が使われている・・という情報もあるけど、とりあえず通常商品の36穴のインター3を購入。

・・20穴のリムに36穴のハブ・・穴が合わねぇ。

009
テキトーな長さのスポークを20本作って仮組み。

010
本格的な調整治具は持ってないので簡単に固定して調整。
元々の穴数が違うのでスポークの長さもバラバラ。
最初に作ったスポークから長すぎる物は短く切りなおして、短い物は再度作り直し。
半分の10本を作り直した所で何とか調整完了!

まあ、若干の歪みはあるけど・・大体OK!

翌日・・
011
ばっちり霜が降りて寒い早朝に職場に出勤!

インター3を組み込んだトレンクルの試走開始!

012
ん~・・全体的に軽い~・・
フロントのチエーンリングが現在45Tが付いてるから、少し大きくするかな?

でも良い感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買ってまった。

001
『スポークのネジ切り機』
やっぱり自由な長さでスポークが作れるのは良いじゃないですか?!
これで夜中に眼が覚めて、『うお~! 長さ186mmのステンレス製スポークが欲しい~!!』とか突然思っても自分でシコシコと作ってから安心して眠りにつける訳ですよ。

・・・って説得力のある言い訳はどうだろう・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまには・・

『トレンクル』
暫く、ほったらかしにしていたブログ・・
その間、なにもしなかった訳でもなく普通にデジカメでネタをシコシコ撮り溜めてましたが、公開するのを後回しにしている内にネタが古くなり・・・

このままではイケない!と、小さなネタから投稿開始。

最近、多分一番乗っているであろうトレンクル。
この軽さと小ささは非常に気楽に乗れる自転車ですね。

・・で、寒くなり日の暮れるのも早くなってきた今日この頃・・
トレンクル君にもライトが欲しくなってきました。
でも、買ってきて『ライトを付けました!』ぢゃ芸が無い。

出来れば他人が持っていないような奴。

ハブダイナモが良いな~とか思ってみたり。
(トレンクルにハブダイナモを装着したヒトは少なそうだしネ)

早速ネットで散々探し回りましたが、トレンクルの車輪のスポーク・・・20本に対応した20穴のハブダイナモが無い・・!
だいたい28穴以上。
適当な穴数のハブを買ってきて穴を飛ばして組み立てる案も立てましたが、20穴と言う数が微妙。

そんなこんなで1ヶ月あまりをハブ探しに費やしましたが、一向に見つからず諦めかけておりました。
そんなある日、シマノの補修パーツを眺めていたら見つけてしまいましたよ!
20穴のハブダイナモ!
型番が分かったので検索開始!
・・あれ?
商品はあるけど20穴のは無い・・?

どうやら20穴のハブダイナモは完組みホイールでしか供給されていない模様。
まあ、ソレが分かったので自転車屋さんに完組みホイールとトレンクルの純正リムを注文して組み立てを依頼!

1週間後、完組みホイールの在庫が無い!と言う返事をもらい、通販で在庫のあるお店を探して現物を入手。
再度自転車屋さんに組み立てを依頼。

更に待つこと1週間。
トレンクル用ハブダイナモ仕様のホイール完成!
002
エンド幅が違うので、短いフロントフォークを広げるのに若干苦労しましたが無事に取り付け完了。

700C用のハブダイナモを14インチのホイールに組んでもらったので回転数は相当上がってるはず。
大丈夫かな?

さて・・どんなライトをつけようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »