« 工作熱・・再び~1~ | トップページ | 工作熱・・再び~3~ »

工作熱・・再び~2~

0006a
・・電源も出来た所で、プリアンプ本体の製作。
とりあえず・・
1段目・OPアンプ(1倍)-トーンコントロール回路-2段目・OPアンプ(5倍)
トーンコントロール回路の後から分岐してヘッドホンアンプ(OPアンプ2段・16倍)

こんな感じか?

0007a
古い部品箱が出てきたので物色してると、いつ買ったのか分からないエルナのセラファインとDUOREXⅡを発掘。
十数年前に買った物のようだけど・・DUOREXⅡがちょうど容量が合ってて使えそうなので採用。
(容量抜けもしてないみたいだし)

0008a
まだ、ケースに入れる事も無いから良いけど・・。同じデザインのツマミが無いな。
まあ後で外観のデザインはケースも含めて考えよう。

0009a
ユニバーサル基板を使った工作は中学生ぐらいからヤッてるから、かれこれ25年位になるけど、相変わらずレイアウトが下手だな・・。(少しは成長しろよ)
局地的にパターンを引くスペースが狭くなってきたので、ジャンパー線で電源や信号線を配線して完成。

0010a
電源周りを確認したら、通電して部品の発熱を確認。・・OK
先日作ったアンプとCDプレーヤーを繋いで期待の音出し!!

ぶ~~~~~~~~ん・・

お~い・・何かハム音が出てるぞ?
CDを再生すると、微妙に音が歪んでるし・・
幸いトーンコントロール回路は無事に動いてる。

0011a
流石に電源の配線が細すぎたか?
パターン面に太いアースラインを引きなおして、細いアース線は撤去!

再びアンプに繋いで電源ON!!
・・お?良くなったぞ!?

『アースは太くする』・・基本は守るべきだったな。

CDプレーヤーも繋いで電源ON!!
ぶ~~~~~~~ん・・
最初程でもないけど、ハム音が出てきやがる・・
入力側に付けるカップリングコンデンサーを省いたのが原因か?

0012a
フィルムコンデンサをカップリング用に取り付け!
ついでに、電源の入力にエルナのDUOREXⅡも取り付け!

とりあえず、電源ON!!
おぉぉ!ハム音が消えた!!
んで、音楽を鳴らした時の微妙な歪みも消えた!

・・あれ?
CDプレーヤーの天板に触れると、ぶ~~ん・・ってハム音が出るぞ?

試しに他のアンプを繋いだ時はハム音が出ない所を見ると、何かまだトラブルを抱えてる気がするな。
もう少し調べるか。

|

« 工作熱・・再び~1~ | トップページ | 工作熱・・再び~3~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87584/49677550

この記事へのトラックバック一覧です: 工作熱・・再び~2~:

« 工作熱・・再び~1~ | トップページ | 工作熱・・再び~3~ »