« 工作熱・・再び~2~ | トップページ | 容量が・・! »

工作熱・・再び~3~

B0000
人が何かを始めると、とりあえず猫が見に来る今日この頃。

B0001
結局、ハム音が消えることも無く数日が過ぎ・・
パターンを太くしたり色々対策の作業しても駄目・・
レイアウトや何か、根本的な所で駄目なんだろうな。。とか思ってみたり。

B0002
あまり関係は無いけど、パワーアンプの電源のダイオードブリッジにコンデンサを咬ました所で作業打ち切り。
(中央付近の青い小さいヤツ)

・・悲しいかな、最初から作り直しにします・・

B0003
プリアンプ用の電源回路はそのまま活かすとして、回路が簡単なヘッドホンアンプを先に作ることに。
小さな基板にまとめて、ボリュームと合体。
オペアンプをうまく使えば、1個でヘッドホンアンプは作れるんだろうけど・・
今回は左右で1個ずつのオペアンプを使用。
一つのICに2個のアンプを内蔵してる汎用オペアンプの定番4558D・・2個入ってるアンプの一つで2.3倍程度に増幅して、その出力を分岐して残りのアンプで1倍して、一つ目のアンプの出力に被せる・・と。
すると、音量を大きくした時に少し余裕が出る。
IC2個使って、この回路を2回路作ってステレオに使う。

B0004
侮りがたし4558D・・
意外と音が良いぞ?(この音質でも満足できる『安い耳』に感謝)
とりあえず、後で少し音質重視の5532Pにでも付け替えて様子を見てみよう。

回路が単純なヘッドホンアンプは簡単に作れるけど・・トーンコントロールの回路はどうするよ?
また、下手に組むとハム音の地獄に落ちるし・・
B0005
・・と、色々考えてたら・・
記憶に無いほど、昔に買ったグラフィックイコライザのキットが出てきた。
トーンコントロールとは違うけど、コレで代用しても良いんじゃね?
取り説とボリューム類が無いけど、メインのICと他の部品はある。
調べてみると谷岡電子のキットみたいね。

B0006
メインのICがあれば、これの規格を調べて回路を組めば確実ジャン。
・・LA3600・・あった!

B0007
プリントアウトして、キットから使える部品は無いかチェック。

・・あれ?

このICの規格表に書かれてるサンプルの回路と同じ定数の部品しか使って無いじゃん・・
買ったキットの回路に独自の工夫が無いのは悲しいけど、そのまま使えるなら有難い。
(コンデンサー類がマイラーコンデンサだったり、カップリングコンデンサが電解だったりするのは気になりますが)
規格表を参考に組み立て!

B0008
電解コンデンサの容量が微妙に抜けてるっぽい。
とりあえず代替品を探すとして、一応完成。
5分割のグラフィックイコライザだから、調整用のボリュームは5つか・・在庫があったかな・・
(しかも2連のBカーブ・・2連はAカーブの物しか持ってなかったような・・?)

とりあえず、ここまで!

B0009
よく顔を出す自転車屋さんの飼い猫『チビ』・・
干してあるビニールが差の中でご満悦。

写真を撮ろうと、声をかけたら迷惑そうな顔をされた・・(汗

|

« 工作熱・・再び~2~ | トップページ | 容量が・・! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87584/49724137

この記事へのトラックバック一覧です: 工作熱・・再び~3~:

« 工作熱・・再び~2~ | トップページ | 容量が・・! »