7月7日に何があったのさ・・・?

私は御殿場に向かって侵攻していた・・・

そう、福島から静岡まで勢力を広げつつあるミヨシさんが宴を開くと言うのだ・・・
最近、脂肪説・・・いや、死亡説の流れている私も、何とか生きている事を証明したい。

そんな思惑もあり、御殿場に向かっていた・・・が、ちょっと早く到着する予感。
待ち合わせは御殿場駅の改札に15時45分

こんな事もあろうかと、かねてより行きたかった歌川広重の美術館に進路を取る。

001

・・・霧だよ・・・
微妙にズレまくるカーナビのゴリラ君。 文字通りのゴリ霧中な状態。

002

霧も晴れてきて、ちょっと雨は降っているが山の中を抜ける国道をひた走る。
若干狭くなっているけど、これより狭い国道は幾つも経験済み。

003

それっぽく、15km/h位で走りながら、ブログ用の写真を撮影・・・
手持ちのデジカメは絞りが余り絞れないから、シャッター速度を遅く出来ないし・・・
やっぱ、古くてもデジイチ(化石のように古いEOS Kiss DNですが・・・)の方が馴れてるな・・・

004

しかし、行きたい先は静岡市の東海道広重美術館・・・海沿いの筈なのに、山しか見えてこない・・・

005

更に、狭い道なのにトラックが前を走り始めた・・・大変だな・・・トラックの運転手・・・

006

突然視界が開けて海が見える!
広重美術館も見つけたが、駐車場の場所が分からん・・・
美術館の近辺を3周ほど走って、やっと発見。
(他にも迷ってた人が居たみたいだけど、紛らわしい案内図を置いておくなよ!!)

007

東海道広重美術館・・・
むう・・・歌川広重の美術館は、以前栃木にある美術館に行きましたが・・・人が多い・・・
栃木のは、たまたま企画展で日本の妖怪についての展示をしていて、前日にTVで紹介してたからなんですが・・・
ここの人の多さは『学生』・・・

・・・タイミングが悪かった・・・

展示室の中をゾロゾロと歩きおって・・・しかも殆どの生徒は展示してる浮世絵なんぞ観てもいない・・・

008

生徒の切れたタイミングで展示室に入ったら、同じタイミングで子供連れの親子が・・・泣
(ああー! 五月蝿い子供だ!) とか思っていたら、親が 『電話を掛けてくるから、ここで遊んでなさい』
(バカ者! 展示室は遊び場じゃねぇ!!) 親が居なくなって、展示室で走り始めた子供・・・
本気で怒鳴って叱ろうか・・・と思った矢先に、また中学生の群れ・・・今度は女子中学生・・・

(うるせー・・・観る気が無ぇなら、ロビーで喋ってろよ!)

「ねえ!考える人ー!」

美術館と言うシチュエーションからか、展示室内に置かれた椅子に座る女子生徒がひとり・・・

(阿呆! ぜんぜん違う! 考える人は右手で拳を握って顎に当てる! その右肘は左の腿に乗せるんだ!)
つまらない突込みを頭の中で入れつつ、館内撮影禁止の為、ネットに晒すことも出来ず・・・美術館を出てからミヨシさんに愚痴のメールを送る・・・

つーか、こっちは少ない給料から旅費を捻出して観に来てるんだ!
正直、邪魔なんよ・・・

(しかし、声に出して叱れない自分も不甲斐ないですが・・・)

009

とりあえず美術館を出た後、駐車場を探している時に見かけた酒蔵に寄る。
神沢川酒造場
とりあえず、美味しいかは分からないので小さなビンの酒を適当に3種類ほど購入・・・

010

再び霧の街、御殿場に戻った私はヘルシーパーク裾野へ温泉を求めてやってきた・・・

011

・・・あれ? どこかで見たラフェスタが・・・ 汗

012

ミヨシさんでした・・・(迎撃されました)

014

温泉の後、民宿ミヨシの指定駐車場に向けて移動。 速いっす! 待ってくれー!!

015

そして、民宿ミヨシの前には紫電さんとメローさんが待っていた。

・・・集合場所って、御殿場駅の改札じゃなかったでしたっけ・・・?

016

メローさんがお土産を配りつつ、ごく当然のように寛ぐ面々・・・

017

・・・お?モリモリさんが来たみたいですね。 と、玄関の外を確認するミヨシさん・・・、その死角を突いて背後からモリモリさんが密かに入室・・・(馴れてるな?)

018

全員揃った所で、御殿場駅から電車で岩波駅へ・・・
微妙に分かり難い無料送迎バスの乗り場を求めてウロウロと・・・

019

無事に送迎バスに乗る事に成功して、向かう先は御殿場高原ビール

020

到着するなり、脇目も振らずにレストランへ・・・3150円で80分間 食べ放題・飲み放題!!

021

とりあえず 『 乾杯 』

022

隣の紫電さんが、妙にバランスの良い食事をしていたので、対抗して肉メイン!

023

腹も膨れて、気分が悪くなるほど肉も食ったので、そろそろ御開き!

024

御殿場行きのバスが来るまで、ホテルのロビーで休憩・・・
腹が苦しい・・・バスの振動に耐えられるのか・・・?

025

バスに乗ると、紫電さんとメローさんは速攻で寝に入る。

・・・

何とか御殿場に到着して、サンサンプラザで翌日の朝食とツマミを購入。

027

民宿ミヨシで2次会。
人生について語り合うミヨシさんとメローさん・・・
黙々とノートPCで何かをしている紫電さん・・・

028

何気に、民宿ミヨシに住み込みの従業員状態になっているモリモリさんが、勝手知ったる冷蔵庫にボトルキープしていた山梨銘譲「七賢」の高級酒・・・『竹林の七賢人』を出してくる・・・
私も、負けじと昼間に買った神沢川酒造場の酒を投入!

酒蔵の話になり・・・車の話になり・・・模型の話になり・・・流動的に話題が流れつつ・・・
眠気を覚えた(主に私が?)時点で御開き!

029_2

また会いましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生きてる

最近、死亡説が囁かれるYaaです。
取り合えず生きてます。 つーか死亡説って何?!

しばらくBLOGをアップしてなかったら、パスワードを忘れると言う間抜けな失敗。

・・・時々パスワードを変更するのも良し悪しですね・・・

そんな、自然豊かな御殿場にある民宿ミヨシで迎えた朝の風景。

Minnsyuku_m

死屍累々・・・いや、まだ惰眠をむさぼる面々・・・
一応、日付が変わる前に寝たんですよ?

私は蚊に起こされて2時位まで起きてましたが・・・泣

| | コメント (1) | トラックバック (0)

たまには・・・

久しぶりの更新。 生きてますよ。
とりあえず前回の更新以降の近況など・・・


納戸を物色していたら、昔買ったタイヤキの型を発見。
01
とりあえず、ホットケーキでも焼いてみるかな・・・

自転車屋さんに引退した競輪選手のフレームと部品が多数持ち込まれる・・・
02
とりあえず、売ってしまって欲しい・・・との事。 どれ位の値段で売れるんだろ・・・
しかも、ピストフレームだから、ブレーキも変速機も付かないし・・・ロードバイクの代わりに使うには難あり。

続けて自転車ネタ。
愛車の折り畳み自転車『トレンクル』君。
14インチの小径車ですが、タイヤに選択の余地が少なすぎる。
純正のタイヤは14-1.5・・・普通に市販されているタイヤは14-1.75・・・

・・・リム幅に対して太すぎる・・・

純正や工房赤松製を買えば済むけど・・・最近の資金難で1本4千円のタイヤは買えん。
後、工房赤松のはマシだけど、純正品は耐久性に疑問がある。

・・・と、そこに自転車屋さんの常連仲間からの朗報が・・・

タイヤメーカーのKENDAから14-1.2と言う異様に細いタイヤが売られている・・・との事。 国内にはタイヤ単品では流通していないらしく、ホームセンターや自転車の量販店で売られている完成車にしか付いていない・・・
常連仲間が調べた所、中国の業者から買えるらしく、部品を頼むときについでに取り寄せてもらう。

03

・・・太さを比べるとこんな感じ・・・
KENDAなら、極端に悪くは無いだろうからチョッと期待。
しかし、細すぎて入るチューブが無い。 14-1.5用のチューブを無理やり押し込んで取り付ける。

04

・・・いい感じだ・・・
求めていたのは、この太さだ。 最高速度は44km/hと変わらないが、漕ぎ出しが軽くなった。

・・・満足・・・

気になったところで・・・
05
普段の軽作業や工作で良く使う、小ぶりの切り出しナイフ・・・。 切れ味が落ちたので、気合を入れて研ぐ。

06
軽く髪の毛を撫でると、パラパラと髪の毛が切れる程の切れ味になった・・・チョッと嬉しい。

自転車屋さんの倉庫の奥地に眠っていた30年以上前のナショナル自転車製折畳み自転車「カミニート」
08

今、ホームセンターや量販店で売られている安い折畳み車と違い、ギア比やブレーキが良く出来ている。
(当時の価格27500円)

個人的に欲しかったのですが、自転車屋さんでレースの時とかに会場の行き来に使いたい・・・とかで、常連仲間がレストアを開始。 私もホイールをバラして組みなおしました。

09

自転車屋さんのイメージカラーのブルーに塗装して、店名とチーム名を入れて完成。
・・・結構カッコ良いな。

07
震災の影響で、私の中ではAMラジオの株が急上昇。 とりあえず作ってみた。
木箱に詰め込んで、クラシックなデザインにするかな・・・

一応、電源はACでも、乾電池でも動くようにした。

7月11日・・・とある桶川の中仙道・・・

歩道に、この埼玉には居ない人物を見掛ける・・・
左腕と左足が同時に前に出る独特の歩き・・・

・・・目の錯覚に違いない・・・

A01

その後、後方から異様な速度で追い上げてくる宮城ナンバーのトラックに煽られる。

A02
久しぶりに酒蔵に来た。 清水酒造(亀甲花菱)

お?! コンブルさんでしたか! 気付きませんで、スミマセン

A03

積載車で宮城から来たコンブル殿は、宮城の住人の癖に何故か酒蔵に常連のような感じで入り込み箱買いで酒を大量購入し、トラックに積み込んでいる・・・
・・・バイヤーかよ・・・

A04
仕方が無いので昼飯を食べに行く。

A05
トラックとマーチのMTG・・・ただの駐車車両にしか見えん。

暑い中、爆弾ハンバーグを食べに行く。 脂ぎったオッサン2人がハンバーグを頬張る。
A06
(・・・何気にカメラが油っぽくなるんだよね・・・)

A07
加須ICから宮城に帰るコンブル殿・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

えせ模型鉄!

0000_2
人がPCで録画したTV番組を観てると、猫が邪魔をする今日この頃・・
ちょっと退いてくれないか?

以前、部屋を片付けた際に出てきたNゲージのキット・・
0001
ワールド工芸の秩父鉄道デキ300を組み立てようと思い立ちまして・・
唐突に作業開始!

0002
2時間後・・大まかに組み立て完了・・
・・作業内容が細かいぞ・・

0003
記憶を頼りに青いボディーカラーに白いストライプを入れてみる・・

・・何かおかしいぞ・・?

ネットで秩父鉄道のデキ300を調べると・・青じゃなくて水色じゃん?!
ストライプの位置も微妙におかしいし・・!

0004
見てると悲しくなってくるので、シンナーにジャボ付けして塗装を落とす。

・・塗料を買ってくるか・・

0005
落とし終わった!!

0006
昼間、なかなか塗料を買いに行く時間がとれないので、動力側を組み立て!
・・なかなかキワどい構造してやがるな・・

0007
動力台車が粗方完成!
早速試走!!

0008
しゃ~~~・・しゃ~~~~・・
音に釣られて猫が見に来る。

最初はぎこちないけど、少しずつスムーズに走るようになってきたぞ!

0009
再塗装を終えたボディーと合体!!

0010
何となく何か繋いでおきたかったので、東武8000系を繋いでみる。

0011
後は、以前買っておいて忘れ去られてた秩父鉄道のヲキフ100を作れば良いんだけどね。
いつ気が向いて作るか・・ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

容量が・・!

MTGレポートを置いてるサーバーの容量が足りなくなってきたので整理してます。
一度、データを全部消してアップし直しますので、しばらくリンク切れが多発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工作熱・・再び~3~

B0000
人が何かを始めると、とりあえず猫が見に来る今日この頃。

B0001
結局、ハム音が消えることも無く数日が過ぎ・・
パターンを太くしたり色々対策の作業しても駄目・・
レイアウトや何か、根本的な所で駄目なんだろうな。。とか思ってみたり。

B0002
あまり関係は無いけど、パワーアンプの電源のダイオードブリッジにコンデンサを咬ました所で作業打ち切り。
(中央付近の青い小さいヤツ)

・・悲しいかな、最初から作り直しにします・・

B0003
プリアンプ用の電源回路はそのまま活かすとして、回路が簡単なヘッドホンアンプを先に作ることに。
小さな基板にまとめて、ボリュームと合体。
オペアンプをうまく使えば、1個でヘッドホンアンプは作れるんだろうけど・・
今回は左右で1個ずつのオペアンプを使用。
一つのICに2個のアンプを内蔵してる汎用オペアンプの定番4558D・・2個入ってるアンプの一つで2.3倍程度に増幅して、その出力を分岐して残りのアンプで1倍して、一つ目のアンプの出力に被せる・・と。
すると、音量を大きくした時に少し余裕が出る。
IC2個使って、この回路を2回路作ってステレオに使う。

B0004
侮りがたし4558D・・
意外と音が良いぞ?(この音質でも満足できる『安い耳』に感謝)
とりあえず、後で少し音質重視の5532Pにでも付け替えて様子を見てみよう。

回路が単純なヘッドホンアンプは簡単に作れるけど・・トーンコントロールの回路はどうするよ?
また、下手に組むとハム音の地獄に落ちるし・・
B0005
・・と、色々考えてたら・・
記憶に無いほど、昔に買ったグラフィックイコライザのキットが出てきた。
トーンコントロールとは違うけど、コレで代用しても良いんじゃね?
取り説とボリューム類が無いけど、メインのICと他の部品はある。
調べてみると谷岡電子のキットみたいね。

B0006
メインのICがあれば、これの規格を調べて回路を組めば確実ジャン。
・・LA3600・・あった!

B0007
プリントアウトして、キットから使える部品は無いかチェック。

・・あれ?

このICの規格表に書かれてるサンプルの回路と同じ定数の部品しか使って無いじゃん・・
買ったキットの回路に独自の工夫が無いのは悲しいけど、そのまま使えるなら有難い。
(コンデンサー類がマイラーコンデンサだったり、カップリングコンデンサが電解だったりするのは気になりますが)
規格表を参考に組み立て!

B0008
電解コンデンサの容量が微妙に抜けてるっぽい。
とりあえず代替品を探すとして、一応完成。
5分割のグラフィックイコライザだから、調整用のボリュームは5つか・・在庫があったかな・・
(しかも2連のBカーブ・・2連はAカーブの物しか持ってなかったような・・?)

とりあえず、ここまで!

B0009
よく顔を出す自転車屋さんの飼い猫『チビ』・・
干してあるビニールが差の中でご満悦。

写真を撮ろうと、声をかけたら迷惑そうな顔をされた・・(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工作熱・・再び~2~

0006a
・・電源も出来た所で、プリアンプ本体の製作。
とりあえず・・
1段目・OPアンプ(1倍)-トーンコントロール回路-2段目・OPアンプ(5倍)
トーンコントロール回路の後から分岐してヘッドホンアンプ(OPアンプ2段・16倍)

こんな感じか?

0007a
古い部品箱が出てきたので物色してると、いつ買ったのか分からないエルナのセラファインとDUOREXⅡを発掘。
十数年前に買った物のようだけど・・DUOREXⅡがちょうど容量が合ってて使えそうなので採用。
(容量抜けもしてないみたいだし)

0008a
まだ、ケースに入れる事も無いから良いけど・・。同じデザインのツマミが無いな。
まあ後で外観のデザインはケースも含めて考えよう。

0009a
ユニバーサル基板を使った工作は中学生ぐらいからヤッてるから、かれこれ25年位になるけど、相変わらずレイアウトが下手だな・・。(少しは成長しろよ)
局地的にパターンを引くスペースが狭くなってきたので、ジャンパー線で電源や信号線を配線して完成。

0010a
電源周りを確認したら、通電して部品の発熱を確認。・・OK
先日作ったアンプとCDプレーヤーを繋いで期待の音出し!!

ぶ~~~~~~~~ん・・

お~い・・何かハム音が出てるぞ?
CDを再生すると、微妙に音が歪んでるし・・
幸いトーンコントロール回路は無事に動いてる。

0011a
流石に電源の配線が細すぎたか?
パターン面に太いアースラインを引きなおして、細いアース線は撤去!

再びアンプに繋いで電源ON!!
・・お?良くなったぞ!?

『アースは太くする』・・基本は守るべきだったな。

CDプレーヤーも繋いで電源ON!!
ぶ~~~~~~~ん・・
最初程でもないけど、ハム音が出てきやがる・・
入力側に付けるカップリングコンデンサーを省いたのが原因か?

0012a
フィルムコンデンサをカップリング用に取り付け!
ついでに、電源の入力にエルナのDUOREXⅡも取り付け!

とりあえず、電源ON!!
おぉぉ!ハム音が消えた!!
んで、音楽を鳴らした時の微妙な歪みも消えた!

・・あれ?
CDプレーヤーの天板に触れると、ぶ~~ん・・ってハム音が出るぞ?

試しに他のアンプを繋いだ時はハム音が出ない所を見ると、何かまだトラブルを抱えてる気がするな。
もう少し調べるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工作熱・・再び~1~

0001a
最近、『オーディオ系の電気工作熱』が訪れておりますが・・

この手のネタは、踏み込んで行くと『半導体で組み上げた低歪みを極限まで追求する道』『歪みは有るけど感性に語りかける良い音を追求する真空管の道』に分かれて行くと思うんですよ。
今、都合により極端な金欠状態に陥ってる私はどちらの道も進むことが出来ずに、悶々とネットで情報収集をする毎日ですが・・

やはり何かを作りたい!

・・んで、考えたんですね。
手元の部品と相談して、今作れるモノを。

ネットで情報収集してると、真空管アンプも半導体アンプもソレなりにやっているとプリアンプが必要になる事がある。
まあ、アンプとしてではなく音源のセレクター代わりに使われている場合もあるけど・・。
プリアンプならば、小型の電源トランスを購入すれば作れるな・・と思ったわけですよ。
ついでに、モニター用のヘッドホンアンプ(もしくは小さなパワーアンプ)を搭載すれば使い勝手がよくなる・・と。

0002a
とりあえず複雑な回路を組めるほど部品も無いので、ネットで基本的な回路図を探してプリントアウト。
(自分で回路図を書くのが面倒だからと言う噂も・・)
元の図面を参考に手持ちの部品で使えるように抵抗値とコンデンサの値を計算しなおして、足りない部品を発注。
(とりあえず、電源トランス・ユニバーサル基板・整流用のダイオードかな・・)

0003a
抵抗類も手持ちのパーツの中からテスターで測り直して数値が揃った物を選別。
(・・金属皮膜抵抗・・規格内とは言え、案外誤差が大きいのね・・)

0004a
出来た!
トランス・菅野電機の0-15V-27V-30V130mA
スパークキラー
ヒューズ(200mA)
整流・ショットキバリアダイオード
3端子レギュレータ・7815&7915
平滑・低ESRの電解コンデンサ
積層セラミック(パスコン)
フィルムコンデンサ(あったから取り付け)

まあ、十分でしょ?

0005a

オシロで見る電源出力も・・リップルが少しあるけど・・まぁ良いです。
(つーか、今までオシロスコープの存在を忘れてた・汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日曜?大工~2~

A081
今回使うスピーカーユニットは、AURA SOUNDの『NSW2-326-8A』・・・
2インチのフルレンジユニット・・

A091
とりあえず、吸音材も何も入れずに組み付け。

A101_2
早速、音出し!
ブワ~ンとしたような・・中低域がでしゃばってる様な・・・これは聴けた音じゃないな・・・
やはり、バスレフの穴が大きすぎたか・・

A111
とりあえず、吸音材を入れつつ音出しをして調整・・

A121
吸音材だけではどうしようもないので、鉛のオモリも投入。
色々と確認しつつ方針を決定。

A131
BOX内に480g程度のオモリを突っ込んで、吸音材も多めに投入。
箱作りで失敗しているので、このスピーカーだけで解決する事はあきらめて、低域を押さえる方向で調整。
後でサブウーハーを作ろう・・

A141_2
とりあえずPCに接続。

暫くは、スピーカーユニットのエージングかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜?大工

唐突に思い立ったらホームセンターへ!

9mm厚のMDFボードを購入。
A011
ざっとケガキ線を書いたら、部屋の片隅から電動糸鋸を取り出して切り刻む。
(曲線を切るのに適した電動糸鋸・・まっすぐ切るのって難しい・・汗)

A021
切ったらヤスリで少し修正して接着!
クランプで軽く咥えておく。

A031
47mmの穴を空ける・・
手持ちのコンパスでは一番縮めた所で何とか成功。

A041
・・で、何を作ったかと言うと・・
PCの横に置く、小さなスピーカーボックス。
本当はバックロードホーンのボックスを作ろうと思ってましたが、途中で面倒になり普通のバスレフ仕様に・・

A051
・・と、いう訳でバスレフの穴を空ける。
(少し大きいような・・)

A061
見た目はそこそこ良い感じ?

A071
手元に艶消しブラックのスプレーがあったので、色が付く程度に吹きかける。
MDFボードは色を塗るとケバが立つので、乾くのを待ってペーパー掛け!
もう一度、塗装して・・乾いたらペーパー掛け・・
んで、もう一度塗装・・

何回も塗装を強いられて・・もう少し下地の処理をキレイにしておけば良かった・・
(そして、キレイに仕上がってるか?・・と言うと、そうでもない現実)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧